宣伝をローコストで効率的に!~フライヤー印刷テクニック~

はがきと業者活用

葉書

返信用のはがき利用

はがきにはいくつかの種類があるが、それらの種類の1つとしてあるのが往復はがきである。往復はがきでは、送り元からの情報提供と、その返送用のはがきを1枚で行うものであり、様々な用途に活用されている。個人での活用では、同窓会や出欠確認における招待状として往復はがきを活用するケースが多い。企業においても、情報を提示するとともに、追加の情報を入手したい場合などに往復はがきを活用するケースが多い。また、返信のいかんにより顧客の反応を見るためにも活用される。これらの往復はがきへの印刷では、プリンターなどを用いて家庭で作成することもできるが、業者への依頼が有効なケースもある。特に大量に印刷を依頼する場合には、業者活用が効果的である。

業者選定とその工夫

往復はがき印刷を業者に依頼する場合には、その工夫としていくつかのことがある。まずは、往復はがきの印刷を依頼する場合、その記載内容を業者に提示する必要がある。記載内容については、以前は用紙に記載したものを郵送して行うなど手間がかかるケースが多くなっていたが、最近では電子ファイルをサイト上で投函するだけで提出できるなど手軽になっている。その為、業者活用ではこれらを活用すると、手間なく依頼することができる。また、レイアウト内容について業者によっては印刷イメージを見ることができるサービスもある。印刷イメージを見ることで、どのようなはがきが送られるかがイメージしやすくなるため、これらを行なっている業者の活用も有効である。

Copyright© 2016 宣伝をローコストで効率的に!~フライヤー印刷テクニック~ All Rights Reserved.